TOP> 業務内容 > デジタル地図関連
 デジタル地図関連業務 

Geographic Information System(GIS)。
過去、デジタルマップの価格やGISエンジン価格により、非常に高価なシステムでしたが、
Google Mapsや、デジタルマップ・GISエンジンの低価格化、オープンソースGISエンジンの登場で、
より身近なシステムとなってきました。
特に、Google Mapsのよりフレキシブルな利用が可能になりつつありますので、
コスト的なハードルが下がり、より多くのシステム利用の可能性があります。

様々な業務で文字や数字で状態を把握するよりも、地図上にオリジナルレイヤを重ね、
グラフやシンボルで表示することにより、より直感的に状態を把握することができます。

利用用途としては、
・店舗型マーケティング(統計データ連動により見込み客など)
・リアルタイム監視(人、自動車、動物、機器など)
・シュミレーション(災害による浸水、火災など) など

弊社では、デジタルマップを利用したアプリケーション開発を得意としています。

利用可能なプラットフォーム
    GoogleMaps、Mapserver(オープンソース)、弊社ビューワー、
    GaiaWalker(総合システムサービス様製)

利用可能なデジタルマップデータ
    各プラットフォーム対応データ (※弊社ビューワー・・・ゼンリン、昭文社、DRM)

 お客様がお持ちのオリジナル地図のご利用も可能です。
 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。